TransportNetwork

長崎県交通局・長崎県央バス


バス写真館

長崎県交通局 0A12号車
▲ 長崎県交通局 0A12号車 諏訪神社前/2016.12.1

【運行エリア】

長崎県全域ほか

【概要】

1934年設立。雲仙国立公園誕生の際に、旅客輸送を目的として、長崎・諫早・雲仙地区のバス事業者5社を買収して「長崎県営自動車」として成立する。戦前には大村地区にも路線を開設。1945年8月に長崎へ原子爆弾が投下された際は大きな被害を受けるが、1947年までに全線が復旧する。

1951年には特急バスの運行を開始。1963年に長崎駅前にバスターミナルが完成する。その後も空港リムジンバスの開設(1975年)や夜行高速バスの運行開始(1989年)などが行われた。2000年代に入ると路線の縮小や全額出資のの子会社「長崎県央バス」への路線移譲などが行われている。

公営事業者としては珍しく「高速バス」などの都市間輸送を担っている。これは、長崎県の観光振興という点も担っているからであり、県外の熊本や宮崎などへも運行している。

【ホームページ】

長崎県営バス(https://www.keneibus.jp/

【掲載車輌一覧】※各車両の写真は車号のリンクからご覧ください。

●長崎県交通局
社番登録番号型式メーカー備考
0A11 長崎22か3113  
0A12 長崎22か3121